視野を広げる姿勢を作る 情報アンテナ向上研修

受講対象

  • 若手社員
  • 中堅社員
  • リーダー層

学習テーマ

  • 思考力・発想力
  • マーケティング

基本情報

コード:19022
日数 1日間
特徴 初心者向け、演習多め、カスタマイズ可
対応課題 新製品・新事業の開発、危機感・主体性の醸成、基礎力向上
講師 アイ・イーシー契約講師

カリキュラム

時間 セッション 進め方
事前課題

記事収集

自社や自分たちに影響を及ぼすと思われる世の中・業界・顧客の動きに関する記事を持参。

AM

オリエンテーション

 

1.視野拡大のために

 ・研修コンセプト、ストーリー紹介

 

 ・自分の日ごろの情報収集法【討議】
 ・情報整理演習【演習】
 ・効果的に使える30のフレームワーク
 ・フレームワーク活用演習【演習】

 

PM

2.情報収集時の留意点

 

 

 

3.外部環境と自分たち

 

 

 

 

 

4.総まとめ、今後のさらなる成長のために

 ・記事の問題点【演習】
 ・情報リテラシーを高めるために

 

 

 ・記事の共有【討議】
 ・記事の整理【演習】
 ・5年後の世の中、業界、当社【討議】
 ・今後の私たちの具体的行動
 (今後の動きに対して何をすべきなのか)【討議】

 

 ・視野拡大のためにすべき行動5箇条【討議】
 ・研修で得られた価値【個人整理と討議】
 ・総まとめ

© 潮田、滋彦

 

 

研修のポイント

本研修では、事前課題や演習で考える機会を豊富に作りながら、次の2点を実現していきます。
①世の中の動き(情報)に敏感になり、自ら情報を得ていく姿勢を持たせる。
②効率的・効果的に情報を得るための具体的なテクニックを習得する。

 

今後、業務の幅を広げていくにあたり、世の中の動き(情報)や消費者のニーズに敏感になり、自ら視野を広げていく姿勢を持っていただきます。普段から自分がどのように情報収集をしているかを共有し、今後どのようなことをすればよいかを学びます。

 

 

 

 

効果を高める工夫・仕掛け

●演習や例題、討議が豊富で”実践的”かつ”面白い”

  • ・右脳や五感の活用(AM)、左脳やフレームワークの活用(PM)の2つのアプローチを活用して、バランスよく参加者の問題意識や感性を高めていきます。また、研修前の「事前課題」により、高い問題意識を持ち、かつ実践的にプログラムに参加できるようになっています。
  •  

●継続して情報アンテナ力を磨くための仕組み

  • ・研修後には、研修の中で学んだ視野拡大や情報感度向上を日々の生活で実践し、定着させるために、課題(アイディアエクササイズノート)に取り組みます。

 

カリキュラムは、ご要望に応じてアレンジいたします。お問い合わせください。

お問い合わせ