教育業界の常識にQuestionを投げかけるメディア

創考喜楽

その研修、受講生は不満です
--第1位は?

担当者の悩み・受講生の本音 SURVEY

 

この記事のまとめ

  • 受講生の〔満足度〕は55.8%と半数を上回る。上位層になるつれて〔満足度〕が高まる傾向。
  • しかし、担当者の〔満足度〕とはギャップがあり、総じて受講生の〔満足度〕のほうが低い。
  • とくに【階層別研修】において、もっとも大きなギャップがあるという衝撃!
  • 受講生が抱く「不満の理由」「研修への期待」とは?

 

 

過半数越えの〔満足度〕--高いか、低いか?

 

担当者Xは、眉をひそめていた。

 

彼が手にしているのは、某教育会社が実施した『研修実態調査』の結果である。
そのなかにある【受講者の目的達成度(満足度)】の項に記された内容を見てのことだ。

 

通常、研修の〔満足度〕は、研修後に実施するアンケートで測られる。
しかし、担当者や上司が回覧するアンケートにおいて、受講生の本音が語られることは少ない
そのため「満足度平均3.8」といった結果が出ても、そのまま信じてよいかは疑わしい。

 

そうした疑念があり、担当者Xは根拠となるデータを求めていたのだ。

 

そして、事実が白日の下に晒される。
調査結果に記されていた受講生の〔満足度〕は、半数を少しだけ上回る「55.8%」という数字。
「満足度平均3.8(5段階評価)」の割合とは、大きく異なる数字であった。

 

 

 

 

この数字をどのように捉えるのかは、人それぞれである。

 

担当者X

色々な受講生がいるなか、半数以上に満足してもらえるなら上出来だろうか‥

 

と、前向きに考えることもできる。

 

担当者Xも、正常性バイアスの作用も手伝って、
調査結果を深く考察することなく、そう理解することにした。

 

しかし、その努力は無に帰する。

 

ページを繰った先に記された調査結果により、
件の調査結果は、担当者Xにとって看過できないものとなったのだ。

 

 

担当者の悩みと受講生の本音、そのギャップ。

 

続いて記されていたのは【<受講者>の目的達成度(満足度)-企画者との比較】という項である。
つまり、企画側と受講側の〔満足度〕に、どれだけの差があるのかを調査した結果だ。

 

 

 

 

企画担当者側では十分できたとの自負が窺える一方、
研修受講者側ではやや厳しい判断を下していると言える。

 

この事実に、担当者Xは強い衝撃を受けた。
企画側が考えているほど、受講側は満足していないのだ!

 

後輩Y

どうかしましたか? 顔色が優れませんよ?

 

狼狽する担当者Xの背後から、気遣いの声が聞こえた。
振り返ると、同じ部署の後輩Yが立っていた。

 

彼女は調査資料を覗き込み、担当者Xの苦悩の理由を察する。
そして、しばし考え込んだ後、フォローの言葉を絞り出した。

 

後輩Y

ほら、満足度って、研修によって差があると思います。
この前おこなった労務管理研修なんて、企画側の都合が大半じゃないですか。
たとえばそんな研修だと、よほど現場の声に耳を傾けて企画を考えないと、
受講生の満足度も下がってしまうんじゃないですかね?

 

担当者X

その労務管理研修を企画したのも私だ!!

 

担当者Xの内心の叫びなど、当年の新入社員である後輩Yに知る由もない。

 

ただ、後輩Yの主張に一理あることは、担当者Xも認めた。
もしかすると自分がメインで担当している研修は、異なる結果なのかもしれない。

 

担当者X

もっとも満足度にギャップがある研修とは--なんなのだ?!

 

期待と不安を胸に、震える指先で担当者Xは更に一枚ページを繰った。

 

 

その研修、受講生は不満です--第1位は?

 

 

 

 

企画側と受講側の〔満足度〕のギャップがもっとも大きかった研修、
栄えある第1位に輝いたのは--【階層別研修】であった。

 

後輩Y

へー、そうなんですね。当たり前のようにおこなってる研修だから、ちょっと意外かな。ところで、うちの【階層別研修】は誰が企画したものなんですか?

 

担当者X

-----!!!

 

新入社員特有の悪意なき素直さは、ときに先輩諸氏の心を深く傷つける。

 

担当者X

レジリエンス研修で学んだことを思い出せ--私--!

 

柳のように折れない心とは、このようなときにこそ求められる。
“自社の【階層別研修】企画者”である担当者Xは、
最近流行りの研修で学んだことをここぞとばかりに発揮して、平静を装ってみせた。

 

担当者X

それは--

 

そして、希望に輝く未来を見据えた眼差しで、
後輩Yの問いに、ただ一言だけ答えたのであった。

 

担当者X

より〔満足度〕の高い研修を実施すべく、これから私たちが企画していくものだ

 

教育担当者に、悩みは尽きない。

研修制度の柱【階層別研修】の〔満足度〕に、もっとも大きなギャップがあるという事実。
それは、研修企画の根本的な見直しを求めるような“目を背けたい”真実である。

 

だからと言って、彼らに求められるものとは、後悔や自己欺瞞などではない。
事実を直視し、失敗すらも糧にして、前へ進んでいく姿勢である。

 

後輩Y

わー、かっこいいですねー! がんばりましょうね!!

 

後輩Yの無邪気な歓声を背に、
担当者Xは、とりあえず、昨年の研修企画資料を引っ張り出した。

 

 

次回予告

自身の肝入りにして、研修制度の柱である【階層別研修】。

その〔満足度〕に、大きなギャップがあるという事実は、担当者Xの存在意義を問い質すものであった。

逃げ出したくなる気持ちを寸前のところで押さえ、彼はページを繰っていく。

受講生の〔満足度〕を高めるために理解すべき「不満の原因」そして「受講生の期待」とはなにか。

 

次回の記事へ--つづく。

 

 

 

〇お問い合わせ
本記事は、株式会社アイ・イーシーが2017-2018年に実施した「研修実態調査」の結果をもとに作成しています。より良い研修プログラムをご検討されている方は、お気軽にお問い合わせください。

 

株式会社アイ・イーシー 企画開発部 研修開発室

Tel:03-3263-3306  Mail:kensyuteam@iec.co.jp

 

2018年9月20日 公開

連載一覧

Copyright (C) IEC. All Rights Reserved.