次世代リーダー研修

個性を活かして活躍する 次世代リーダー研修

受講対象

  • 中堅社員
  • リーダー層

学習テーマ

  • リーダーシップ
  • 理念教育
  • コミュニケーション
  • キャリアプラン
  • 主体的な働き方

研修企画のヒント

続きを読む

2つの「次世代リーダー」
「次世代リーダー」が示すリーダー像には、「次期マネジャー候補」と「新時代のリーダー(これからの時代で活躍できるリーダー)」の解釈があります。とくに後者を育成する場合、通常のリーダー研修やマネジャー研修とはアプローチ方法が変わってきます。また、受講生の参加意欲や心構えに影響する部分なので、事前に明確にしておきます。

 

「新時代のリーダー」に求められる要素
後者のリーダーを育成する場合、まずマインドセットが重要となります。社内にロールモデルがいない場合は、自分達で理想の姿を考えていかなければなりません。そのためには、変化する社会環境をキャッチアップし、健全な危機感から改革意識を持つこと。また、自社の理念や自分の価値観を改めて考え、困難にも挫けない”気持ちの芯”を形作ります。そのうえで、対人能力や改革推進に関わるスキルを身につけていきます。

 

 

基本情報

コード:19011
日数 1日間
特徴 カスタマイズ可
対応課題 次世代リーダー育成
講師 アイ・イーシー契約講師

カリキュラム

時間 セッション 進め方
AM

オリエンテーション

 

1.会社の理念

 

2.リーダーとは?

アイスブレイク

 

・会社の理念

 

・リーダーに必要な要素
・リーダーシップとは?
・フォロワーシップとは?

PM

3.リーダーに必要な自分への知識

 

 

 

4.自分のWHY

 

 

5.リーダーに必要な対人能力

 

 

 

 

6.今後の行動

・自分への知識とは?
・Time-Line
・Value Movie

 

・自分のWHYを言葉にする
・会社の理念との重なり

 

・周囲の人を巻き込む力
・3つの傾聴
・2つの質問
・認知

 

・アクションプランの作成

© 山下雅彦

 

 

研修のポイント

本研修では、次世代リーダーとしてのマインドセットを中心に、次の3点を実現していきます。
①会社の理念と自分の想いを再確認し、リーダーとして活躍していく動機をつくる。
②これからの時代のリーダーの役割やリーダーに必要な要素を正しく認識する。
③リーダーに求められる業務スキルとして、周囲の人間を率いていく対人スキルを身につける。

 

会社の理念や自分自身への理解を深め、個性を活かした自分らしいリーダー像を描きます。変化の時代のリーダーは、困難にも揺るがない”気持ちの芯”を持つことが必要なので、この部分をしっかりと作り、そのうえでリーダーに必要な対人能力を学んでいきます。

 

 

 

 

効果を高める工夫・仕掛け

●個性を活かした自分らしいリーダー像を描く

  • ・変化の時代のリーダー像に「これだ!」という正解はありません。一方で、信念をもって行動していくことが、メンバーを率いるための要件となります。プログラムではこの点を重要と考え、揺るがない”気持ちの芯”を作るために、自分の想いや価値観を再確認し、それらを基盤とした自分らしいリーダー像を描いていきます。
  •  

●引き出し、巻き込むスキル

  • ・さまざまな問題に直面する環境において、特定個人の力ですべてを解決することはできません。リーダーは、メンバー各人の強みを最大限に引き出して、課題解決に取り組みます。プログラムでは、周囲の人の能力を引き出し、巻き込んでいくスキルとして、傾聴・質問・認知のテクニックを学びます。

 

カリキュラムは、ご要望に応じてアレンジいたします。お問い合わせください。

お問い合わせ