情報を的確に整理して伝える ロジカルコミュニケーション研修

受講対象

  • 若手社員
  • 中堅社員
  • リーダー層

学習テーマ

  • 思考力・発想力
  • 営業
  • コミュニケーション

研修企画のヒント

続きを読む

営業向けの内容にもカスタマイズ可
担当する講師はハウスメーカーや保険会社にて、コンサルティング営業として実績を上げた経験を持っています。そのため、営業場面での応用についても紹介が可能です。

 

 

基本情報

コード:20012
日数 1日間
特徴 演習多め、カスタマイズ可
対応課題 基礎力向上
講師 アイ・イーシー契約講師

カリキュラム

時間 セッション 進め方
AM

1.研修の目的

 

 

 

2.自己分析

 

 

 

 

3.ロジカルシンキング

 

コミュニケーションの基本を学ぶ
何をつかみ取る研修か理解する

 

 

これまでの振り返り(自己分析)
日々の成功事例・失敗事例の共有
意見交換

 

 

論理的な思考の基本を理解する
習得するメリット
情報を論理的に整理する力を養う
生産性を向上させる
ケーススタディにより様々な方法を身につける

 

PM

 

4.伝える力を強化する

 

 

 

5.コミュニケーション力を高める

 

 

伝えることとは?
発信力の強化
周囲への影響力

 

コミュニケーションとは何か?
なぜコミュニケーションが必要か?
コミュニケーション力

 

© 鎌田智樹

 

 

研修のポイント

伝えるべき情報を的確に整理する論理的思考を身につけます。
コミュニケーションの基本力を飛躍的に向上させ、シーンに応じたコミュニケーションスキルを身につけます。

 

 

効果を高める工夫・仕掛け

●事例共有により気づきを得る

  • ・成功事例・失敗事例を整理し、受講生同士で共有することで参加者自ら問題点に気づき、改善の必要性を認識します。その上で、自らの行動変容のあり方を検討していきます。
  •  

●ロジカルシンキングとコミュニケーションをステップごとに丁寧に学ぶ

  • ・ロジカルシンキングの基本をきちんと理解した上で、コミュニケーションへの活かし方を検討します。コミュニケーションがスムーズにとれるようになるポイントを理解し、行動できるヒントを与えることで、活動にすぐに生かせるようにトレーニングします。

 

カリキュラムは、ご要望に応じてアレンジいたします。お問い合わせください。

お問い合わせ