管理者に求められる基本的な知識やこころ構えを、余すことなく学習できる講座です。

管理者研修講座

  • 受講期間:3か月
  • 受講料:23,220円 (個人受講料:27,540円)

あなたのためのオリジナル課題と
個別指導で、現状の悩みを解決!
これからの時代の管理者に必要な
知識とマインドが身につきます。

学習のねらいと講座の特徴

● こんなコースです
これからの時代の管理者に求められるマインドと知識・スキルを、通信教育のシステムを利用した“ヴァーチャル研修”によって学ぶ講座です。問診表、文通添削などによる個別指導で、いままでの通信教育にないヒューマンタッチな個別指導を実現しました。
● 管理者に必要なマインド&知識の両面をサポート!
マインドと知識。変化のはげしい現代の管理者には、この両面をバランス良く持つことが求められています。精神論だけでもダメですし、頭でっかちに理論を振りかざすだけでも、これからの時代は生き残っていけません。大変な時代です。そこで本講座では、管理者に求められることを、マインドと知識の両面から学んでいきます。今までになかった、新しい管理者教育のテキストです。 
● 世界に1つだけ、あなただけの添削課題&個別指導
管理者とひとくちに言っても、置かれている状況は一人ひとり違います。将来会社を担っていくために、あなたがいまやるべきこと、考えるべきことはなにか? 添削講師からのあなたへの手紙や添削講師が作成したあなただけの添削課題&個別指導をとおして、一人ひとりにお伝えします。
● 一人ひとりの受講生のみなさまに、心をこめたメッセージを送ります。
本講座では、まず学習前に、自分の現在の状況を記入し、簡単な自己診断にチェックした問診表を提出いただきます。そしてそれを元に専門の講師が診断し、これからどのように学習すれば良いかというアドバイスを、手紙でお送りします。また合わせて、あなたに取り組んでいただきたいあなただけのオリジナル添削課題を作成し、お送りします。今までの通信教育にはなかった、ヒューマンタッチな個別指導で、あなたの学習をサポートします。
● 受講特典:『自己発見テスト Pazz』
IECの通信教育を受講いただいた方には、『自己発見テスト Pazz』のチャレンジ権を無料でお贈りしています。
Pazz(パズ)とは、仕事に大切な24のチカラを見える化する自己発見テストです。 Web上に用意された75の質問に答えることによって、自分が現在、どのような特性があるのかを確認することができます。 15分ほどで終わるので、今後の学習のヒントにするためにも、ぜひPazzにトライしてみてください!
https://iec.co.jp/pazz/
pazz

 

講座カリキュラム

1か月目
問診票&診断
まずは問診表をお送りいただきます。弊社の添削講師が、診断の結果、学習をはじめるにあたってのメッセージを書いた手紙、そして診断結果で見えてきた受講生一人ひとりが抱える、仕事上の悩みや問題にあわせてオリジナルで作成した添削課題をお送りします。
2か月目
管理者に求められる考え方とマインド
経営感覚を持ってください/高い目標を設定してください/問題を発見し続けてください/正しく仮説を構築してください/決断力をもってください/上手にタイムコントロールしてください/色々な情報に関心を持ってください/人脈を広げてください/発想が豊かな人になってください/できるだけ部下に仕事を任せてください/指示ではなく質問してください/部下とのコミュニケーションを増やしてください/部下のことを褒めてください/全ての問題は「自分のせいだ」と思ってください/部下のスキルアップを邪魔しないでください
3か月目
管理者が必ず知っておくべき知識
管理者の役割とは/仕事の管理のしかた/部下の指導と育成の基本/効果的な目標管理の進め方/計画・スケジュールのしかた/効果的な育成面接の進め方/組織運営の基本と原則/職場風土の改善と活性化/問題解決とチームの育成/労務管理をするうえで知っておくべき法律と基礎知識/働く人をサポートするさまざまな法律/部下のストレスを管理しよう
教材構成 テキスト2冊、ワークブック1冊、問診表、添削課題2回、講師からの手紙1通
ワークブックは1巻目のテキスト内容を自分の仕事に活かすためのシート集です。
著者 高橋 朗
(有)無敵ブランド 代表取締役先生

 

執筆指導講師からみなさまへ

福本伸夫講師
みなさんは、通信教育についてどのようなイメージをお持ちでしょうか。通信教育に過去チャレンジした際、教材が届くと一大決心をし、「毎日5ページずつ」など決めるのですが、大抵第1章で頓挫、課題レポートの締めきり時に慌てて提出したという経験もあると思います。
この「The研修シリーズ」は、これまでと違った講座です。
まず、面白くて読みやすい。第1巻はストーリー仕立てやエッセイテイストです。ただし、押さえるべき要所はしっかり押さえられていて、理論がしっかり体に入るので、充実感があります。「研修講座」という名称どおり、集合研修で実施する内容としっかりリンクしてつくられています。
「面白くて、しっかり身につく」。受講されるとそのことがきっと身をもって実感できるはずです。私自身、過去に取り組んだ通信教育講座は、誤解を恐れずに言えば、やっていて正直どこか苦痛を感じるところがありました。やはりそれでは身につきにくいですよね。学生の頃の勉強と違い、企業での自己教育では、今後のキャリアに影響するため、全身で(全神経を集中させて)取り組む必要があるということをご自分でもわかっていることでしょう。ならば、本当に楽しみながら身につけることができるこのような講座があれば、取り組んでみる価値があると言えるのではないでしょうか。ぜひこの講座きっかけに、「自分を高める学習」を積極的に取り組んでみてください。

 

受験生のみなさんから寄せられた声

●今までは上司(管理職)から指示を受けて業務を行っていれば良かったのですが、改めて勉強すると「効果的な目標管理の進め方」や「計画・スケジュールの立て方」他色々大事なことが多々ありましたので、何回も読み返したいと思います。(食品・製造・男性)

 

●「指示ではなく質問することの重要性について印象に残った。私の欠点は自分の意見が否定されるとすぐに感情的になり語気が強まることです。そうすると部下の意見・考えを理解しようとせずに強い口調で指示をしてしまいます。一呼吸おき、部下の考えを聞き、理解するためにも会話の中にうまく質問を取り入れていきたいと思います。(文具・営業企画・男性)

受講のお申込み