障害者の目線で考え、行動する

ユニバーサルマインド&アクション

  • 受講期間:2か月
  • 受講料:19,980円 (個人受講料:24,300円)

声を掛けるか
迷ったこと
ありませんか?

学習のねらいと講座の特徴

● 困っている人を見かけたとき、 声を掛けるか迷ったことはありませんか
「ユニバーサル」は、「普遍的な、例外なく当てはまる」という意味を指す言葉です。障がい者や高齢者、妊婦などを含め、誰もがみな暮らしやすい社会を実現するために、何ができるでしょうか。スロープやエレベータの設置など、ハード面を想像する方が多いかもしれません。しかし、それだけではなく、私たち一人ひとりにもできることがあるはずです。ちょっとした一言や小さな行動が困っている人にとって大きな助けとなります。 正しい知識を持ち、助け合いの心を持つことが「ユニバーサル を実現するための第一歩です。
● 「何かお手伝いできることはありますか」その一言を伝える勇気をつくる講座です
障害者雇用促進法の改定により、障がい者とともに働く機会が増えています。障がいの中にも、目に見える身体障害の他、外見ではわからない内部障害・知的障害・精神障害など、さまざまな種類があります。それぞれの特性を正しく理解することで、適切なサポートができるようになることを目指します。オフィスだけでなく、日常生活でのさまざまなシーンも網羅。あらゆる角度から、誰もが働きやすい職場、誰もが暮らしやすい社会を実現するための講座です。
● 受講特典:『自己発見テスト Pazz』
IECの通信教育を受講いただいた方には、『自己発見テスト Pazz』のチャレンジ権を無料でお贈りしています。
Pazz(パズ)とは、仕事に大切な24のチカラを見える化する自己発見テストです。 Web上に用意された75の質問に答えることによって、自分が現在、どのような特性があるのかを確認することができます。 15分ほどで終わるので、今後の学習のヒントにするためにも、ぜひPazzにトライしてみてください!
https://iec.co.jp/pazz/
pazz

 

講座カリキュラム

1か月目
マインド編

■第1章 障害者の権利 誰もが生き生きと活動できる社会を目指して
障害は「個人」ではなく「社会」の問題/分け隔てのない「共生社会」の実現へ/共生社会の実現を阻む「不当な差別」とは/さまざまなバリアの問題点を理解しよう/「集団」から「個人」に向けた配慮/「障害者雇用促進法」と職場での合理的配慮

 

■第2章 身体障害 日本の身体障害者は1,000人当たり34人
身体障害のさまざまな種類を知っておこう/視覚障害者とのコミュニケーション/耳の機能障害のサポート/「話す」「食べる」口・鼻・のどの障害/手や足・全身に関わる「肢体不自由」/周囲の目に見えない「内部障害」/日本の在宅身体障害者数とその内訳

 

■第3章 精神障害 心の病気・発達の個性と向き合う
精神障害者に対する認識を深めよう/若年者の発症が多い「統合失調症」/気分の浮き沈みが激しい「気分障害」/突然の発作が起きる「てんかん」/自分をコントロールできない「依存症」 /脳の損傷による「高次脳機能障害・失語症」/生まれつき脳の発達が異なる「発達障害」 /「精神・発達障害者しごとサポーター」を目指そう

 

■第4章 知的障害 長い歴史の中で偏見と闘う
3つの基準で判定する「知的障害」/知的障害者の特性と職場への受け入れ/出産の高齢化により発症率が高まる「ダウン症」/知能指数(IQ)の意味を知っていますか?

 

■第5章 少子高齢社会 高齢者と子どもの支援で元気な社会をつくる
日本が直面する「超高齢社会」の問題/社会全体で向き合う「認知症」/出産の高齢化と少子化/妊婦の不安を解消するサポート/オレンジ色で「認知症」を支援/子育てサポート企業の「くるみん認定」

2か月目
アクション編

■第1章 身体障害者へのサポート こんな時どうする?
視覚障害者へのサポート/聴覚障害者へのサポート/口・鼻・のどの機能障害者へのサポート/上肢障害者へのサポート/下肢障害者へのサポート/肢体不自由・全身性障害者へのサポート/内部障害者へのサポート/身体障害者全般への接客時の配慮/身体障害者がうれしかったサポート

 

■第2章 精神障害者・知的障害者へのサポート 正しく理解して適切な対応をするために
統合失調症・気分障害・依存症・てんかんなどの人へのサポート/高次脳機能障害者へのサポート/発達障害者へのサポート/知的障害者へのサポート/発達障害・知的障害を持つ天才たち

 

■第3章 高齢者へのサポート 思いやりと敬意を持って必要な配慮を
職場の高齢者との付き合い方/高齢者の外出をサポート/高齢者を接客する時/高齢者とのコミュニケーション/高齢者と脳トレで遊ぼう

 

■第4章 出産前後・子育て中の人へのサポート 一生に何回かだけの特別な時間を祝福しながら
妊婦・産休・育休をサポート/妊産婦・ベビーカー利用者の外出をサポート/マタニティ、障害者の外出をICT でサポート

 

■第5章 そこにあるUDとあなたにできること
道路にあるUD とバリアフリーを探そう/駅と電車の中でUD とバリアフリーを探そう/オフィスでUD とバリアフリーを探そう/店内でUD とバリアフリーを探そう/誰もが参加できるミーティングを開こう/災害時のサポート/キーワードを再確認しよう

教材構成 テキスト2冊、提出課題2回

 

受講のお申込み