新任管理者の方には必須のコミュニケーション&問題解決スキルです !

やる気を起こさせる! 目標設定と面談の技術

  • (通常版)受講期間:3か月
  • 受講料:19,980円 (個人受講料:24,300円)
  • (PCP版)受講期間:3か月
  • 受講料:22,140円 (個人受講料:26,460円)

目標管理を推進するために
新任管理者が学ぶべき
基本を実例を通して学べます。

学習のねらいと講座の特徴

● どんなコース? 
『目標管理(MBO)を導入したのだが、年初にじっくりと時間をかけて目標を設定しても、評価時には目標自体が変わってしまっており、まったく意味がない』といった場合も多いようです。MBOを成功させるには、日々の進捗管理や柔軟な目標の修正をあらかじめ意識して進める必要があります。本コースは、これら”MBOを成功させる”スキルを学習するコースです。また、目標管理の導入・未導入に関わらず、目標管理の基本から学習できるよう構成されています。
● 特徴は?
このプログラムの特徴は、様々な企業・組織での実例を踏まえた、数多くのシナリオをベースにしているところにあります。「これが正解だ」というあらゆる場面に通用する答えが決まっている訳ではありません。自分だったら、どう考えるのか、どう行動するのか、など、この教材と対話しながら、実力を磨いていっていただければと思います。
● 受講特典:『自己発見テスト Pazz』
IECの通信教育を受講いただいた方には、『自己発見テスト Pazz』のチャレンジ権を無料でお贈りしています。
Pazz(パズ)とは、仕事に大切な24のチカラを見える化する自己発見テストです。 Web上に用意された75の質問に答えることによって、自分が現在、どのような特性があるのかを確認することができます。 15分ほどで終わるので、今後の学習のヒントにするためにも、ぜひPazzにトライしてみてください!
https://iec.co.jp/pazz/
pazz

 

● PCP版(パーソナル・コーチ・プラン)とは
このプランの最大の特徴は、受講期間の3か月間、添削講師が受講生のパーソナル・コーチとなり、一緒に悩みや課題の解決に乗り出すことです。そのために、受講生一人ひとりの状況、考え方を踏まえた上で添削講師が作成する「あなただけの添削課題」が盛り込まれています。学習テーマに最適な添削課題ではなく、受講生(あなた)が抱える悩み課題に最適な添削課題が、より深い問題意識を引き出し、より高いレベルでの悩みや課題の解決へと導きます。

下図は、学習の流れを示したものです。

pcp ※なお添削課題は、1冊のノートを受講生・添削講師間で往復させる「交換日記」形式をとります。
https://iec.co.jp/product/plusone/pcp/
pcp

 

講座カリキュラム

1か月目
『テキスト』と
『問題解決ハンドブック』の学習

■会社目標・部門目標からのリンク
■求められる役割からの目標設定
■達成ゴール・達成への具体策の設定方法
■日々の進捗管理の進め方
■管理項目の絞込みと進捗管理の適切な頻度
■評価能力の向上
■評価から次の目標のリンク
■「やる気起こさせる」とはどういうことか

<問題解決ハンドブック>
あなたならどうする?を考えるために必要となる問題解決の考え方、技法等について、解りやすく要点を絞り最短で学ぶためのハンドブックです

2か月目
『ワークブック』によるケーススタディ
CASE1~CASE15
■部門内の目標連鎖
■目標の意味づけ方法
■目標のランクアップ
■目標設定面接の進め方  他
3か月目
『ワークブック』によるケーススタディ
CASE16~CASE30
■取引先の状況に営業目標の修正
■社内事情による間接部門目標の修正
■飛び入り案件の優先による目標の修正
■組織、人事変動による目標の修正
■評価基準のこすりあわせミーティング
■評価項目ごとの具体的事実の表現法
■面談を進める上での鉄則  他
教材構成

■通常版
テキスト1冊/ワークブック1冊/明解!問題解決ハンドブック1冊/
ソリューションブック(模範解答集)1冊/提出課題3回

 

■PCP版
テキスト1冊/ワークブック1冊/明解!問題解決ハンドブック1冊/
ソリューションブック(模範解答集)1冊/提出課題ノート1冊(課題3回)

著者 株式会社新経営サービス 人事戦略研究所

 

受験生のみなさんから寄せられた声

●ルーチンワークの業務の中で部下も決まったことを決まったようにやるもの、という意識が強くなっていますし、年を重ねるとモチベーションも低下してしまいます。本講座で、どうやってモチベーションを向上させるかを学習できました。(サービス・男性)

 

●今回のコースを課題提出をとおして具体的に自分自身に起こりえる事象として考察できました。今後は部下の目標、結果の評価をすることになるため、その際は本テキストをバイブルとして目標設定を面談に実施していくことを忘れないようにしたい。(事務・男性)

受講のお申込み