仕事を「振る」ではなく、きちんと「任せる」ことができていますか?

「任せる」技術

  • (通常版)受講期間:3か月
  • 受講料:19,980円 (個人受講料:24,300円)
  • (PCP版)受講期間:3か月
  • 受講料:22,140円 (個人受講料:26,460円)

できる人には、
仕事を「任せる」
勇気がある。

学習のねらいと講座の特徴

● 人に任せることができず、一人で仕事を抱え込んでいる人のために。
上司が部下に仕事を任せなければならない場面は多いものです。自分で仕事を抱え込むことなく、適切に仕事を部下に任せることは、「できる上司」の条件の一つといえます。しかし、簡単なようで難しいのが、この「任せる」ということ。仕事を押し付けるだけになってはいけないのはもちろんのこと、一から十まで説明すればいいというわけでもありません。実際、どのように任せればいいのかわからない人も多いことでしょう。そこで、部下に仕事を任せるための方法を身に付けるコースがあればニーズが高いのではないかと考え、本企画が立ち上げられました。
● 「自分がやった方が速い病」から抜け出し、部下を育てながら成果を出す方法を学ぶ。
仕事を部下に上手くふれずに自分で抱え込んでしまうことはないでしょうか。「この仕事は自分がやった方が速い」「あの人は忙しそうだから…」とその場は乗り切ったとしても、それを続けるのには無理があります。そしてなにより、部下の成長を妨げることにもなり、いつまでたっても任せられないという悪循環にも陥りかねません。本コースでは、そんな状態から抜け出し、人に任せるための方法を学んでいきます。部下を育てながら成果を出すための役立ちノウハウが満載です。
● 受講特典:『自己発見テスト Pazz』
IECの通信教育を受講いただいた方には、『自己発見テスト Pazz』のチャレンジ権を無料でお贈りしています。
Pazz(パズ)とは、仕事に大切な24のチカラを見える化する自己発見テストです。 Web上に用意された75の質問に答えることによって、自分が現在、どのような特性があるのかを確認することができます。 15分ほどで終わるので、今後の学習のヒントにするためにも、ぜひPazzにトライしてみてください!
https://iec.co.jp/pazz/
pazz

 

● PCP版(パーソナル・コーチ・プラン)とは
このプランの最大の特徴は、受講期間の3か月間、添削講師が受講生のパーソナル・コーチとなり、一緒に悩みや課題の解決に乗り出すことです。そのために、受講生一人ひとりの状況、考え方を踏まえた上で添削講師が作成する「あなただけの添削課題」が盛り込まれています。学習テーマに最適な添削課題ではなく、受講生(あなた)が抱える悩み課題に最適な添削課題が、より深い問題意識を引き出し、より高いレベルでの悩みや課題の解決へと導きます。

下図は、学習の流れを示したものです。

pcp ※なお添削課題は、1冊のノートを受講生・添削講師間で往復させる「交換日記」形式をとります。
https://iec.co.jp/product/plusone/pcp/
pcp

 

講座カリキュラム

1か月目
「任せる」
ための準備

 1ヵ月目は、任せ上手なマカセさんと、任せ下手なカカエさんを比較しながら、任せることの効果や上手くいかない原因など「任せる」ことの背景説明からスタートし、「任せる」ことに関する心構えを学んでいきます。 

 

第1章 リーダーが変わればチームも変わる
「任せる」とは何か/任せないとどうなるか/なぜ任せ下手になってしまうのか/他 

 

第2章 「任せる」を理解しよう
任せるってどういうこと?/「任せる」とは結果に責任を持つこと/「任せる」とは会社を成長させること/他

 

第3章 「任せる」人ほどうまくいく7つの理由
「任せる」人は… 自分に余裕ができる/自分も成長する/部下から信頼される/他

 

第4章 部下をやる気にさせる「任せ方」
結果だけでなくプロセスに着目する/みんな納得の公平性を打ち出す/正義を貫く/他

 

第5章 「任せる」ための「PDCA」の技術
仕事の基本「PDCA」を「任せる」に活かす/任せるPDCAのステップ/他

2か月目
実際に任せてみよう

2ヵ月目は、実際に任せる時に必要な、具体的な技術とNG事例を学んでいきます。

 

第1章 準備オッケー? 「任せる」前のチェックシート
「任せ方」のポイントってどんなこと?/他

 

第2章 「任せる」状況を整える技術
メンバーの力量や適正を把握する/全体と各メンバーの目標を設定する/プランを書き出しておく/他

 

第3章 「任せる」ときの技術
「任せる」ためのコミュニケーション/一人ひとりに裁量を与える/成長を支援するしかけをつくる/他

 

第4章 「任せる」相手をやる気にさせる技術
プロセスを報告させ、ともに解決策を考える/NG事例「いったいどうしてくれるんだ」/他 

 

第5章 「任せる」責任を取る技術
失敗を活かして前進せよ!/リスクを恐れていて成長することはない/他

3か月目
ワークブック
 3か月目は、ワークブックを使って、本コースで学んだ「任せる」技術を自分ごとに落としこみ、考えていきます。
教材構成

■通常版
テキスト2冊/ワークブック1冊/提出課題3回

 

■PCP版
テキスト2冊/ワークブック1冊/提出課題ノート1冊

 

受験生のみなさんから寄せられた声

●学習期間中に、職場で取り入れたいことが次々と浮かんで、日々の目標も実践できていたと思います。学習を終えて、これから仕事が繁忙期を迎えるので、テキストを読み返して、”カカエ課長”の始まりのようにならないように気をつけたいです。(市役所・女性)

 

●過去に業務の質やスキルを上げる為受講した通信教育の中でも大きく考えを変えられた講座でした。今後仕事の取り組み方が大きく変えられそうです。ビジネスとしての人間関係もより良好になりそうです。ありがとうございました。(サービス・女性)

受講のお申込み