実行可能性を高める

世界を正しく見るための
情報の読みかたトレーニング

  • 受講期間:3か月
  • 受講料:19,980円 (個人受講料:24,300円)

もうフェイクニュースには

騙されない

学習のねらいと講座の特徴

● 現代における、情報との正しい関わり方を学ぶ

情報に溢れる現代。インターネットで検索をすれば、短時間で多くの情報を収集することができます。しかし同時に、多くのフェイクニュースが出回っており、どの情報を信じるか、どうやって正しい情報を手に入れるかは大変重要な問題になっています。

 

本講座では、情報社会を正しく生きるために、

・ 各メディアの特徴や役割を理解したうえで適切にアクセスし、情報を批判的に分析する力

・ 思い込みに左右されず、情報の背景や文脈を理解する力

・ 情報を正しく取捨選択する力

を身につけ、メディア・リテラシーの向上を目指します。

● 批判的に、考えながら読む。 情報化社会のメディア・リテラシーを習得
誤情報に溢れる「インターネット」や、偏った情報が並ぶ場合もある「テレビ報道」との関わり方をはじめ、グラフや統計データなどの数字の読み方、思い込みに左右されないような情報の読み方などを学習します。
あらゆるメディアが存在し、誰でも情報を発信できる現代だからこそ、メディア・リテラシーの重要性は高まっています。より批判的に情報を読み、正しくインプットする手法を身につけることが大切です。
● 受講特典:『自己発見テスト Pazz』
IECの通信教育を受講いただいた方には、『自己発見テスト Pazz』のチャレンジ権を無料でお贈りしています。
Pazz(パズ)とは、仕事に大切な24のチカラを見える化する自己発見テストです。 Web上に用意された75の質問に答えることによって、自分が現在、どのような特性があるのかを確認することができます。 15分ほどで終わるので、今後の学習のヒントにするためにも、ぜひPazzにトライしてみてください!
https://iec.co.jp/pazz/
pazz

 

講座カリキュラム

1か月目
基礎知識編

メディアリテラシーの重要性、メディアの種類、各メディアの歴史や特徴などを学び、メディアリテラシーを鍛えるうえでの土台を作ります。

2か月目
実践準備編

検索エンジンの使い方、ニュースの仕組み、情報を「読む」際のテクニック、図表や写真を「見る」際のテクニックなど、情報との関わり方を学びます。

3か月目
トレーニング編

実際の情報に触れながら、批判的な視点でニュースを読む、見出しの意図について考える、コメントの意図を推察する、オススメの映画を140字以内で紹介するなど、多くの実践的なエクササイズに取り組み、学んだことを活用できるよう能力を養います。

教材構成 テキスト3冊/提出課題3回

 

受講のお申込み