AIに負けない知力を鍛える

デジタル思考&アナログ思考

  • 受講期間:3か月
  • 受講料:19,980円 (個人受講料:24,300円)

受講対象者:全社員

効率よく正しく、のデジタル脳

創造的で抽象的な、アナログ脳

必要なのは、双方の強み

学習のねらいと講座の特徴

● 論理を強化するデジタル思考、創造性を高めるアナログ思考をそれぞれ強化します。

世の中のテクノロジーが日々進化し、DXも注目を集めるなど、どんどんデジタル化する現代社会において、膨大な量のデータ瞬時に取捨選択し、正しく利用したり、数学的処理や理論的なものの考え方をしたりする「デジタル思考」は必須のスキルです。

一方で、一つの事柄を考え抜いたり、ものごとを多角的に見たり、ゼロから1を生み出したりすることはAIやデジタル機器でなく人間だからこそできる技術です。デジタル社会を生きていくうえで、こうした「人間だからこそできること」は大きな意味を持ちます。

そうした力を身につけるためにも、事柄の「曖昧さ」を捉えて抽象的に考え、感性や想像力、創造性を発揮する「アナログ思考」はなくてはならない頭の使い方です。

●複数の思考のフレームワークを学び、考える訓練をすることでAIに負けない基礎知力を磨きます

「デジタル」=最新、「アナログ」=後進という認識が強いかもしれませんが、実はまだ定義が定まっていなかったり、最適解がなかったりする新しいものを理解するには、「絶対的な正しさ」にとらわれないアナログ思考が欠かせません。これからの社会人に求められるのは、データや数字を扱い、論理的に答えを組み立て、体系だったフレームワークを的確に利用する「デジタル思考」と、白黒つけられない曖昧な物事を自分なりに解釈し、不確定な要素から最適解を考えだす「アナログ思考」です。

 本講座では、多様な思考のフレームワークを「デジタル的思考」と「アナログ的思考」に分類し、それぞれの使い方を訓練することで確実な知力を磨きます

● 受講特典:『自己発見テスト Pazz』
IECの通信教育を受講いただいた方には、『自己発見テスト Pazz』のチャレンジ権を無料でお贈りしています。
Pazz(パズ)とは、仕事に大切な24のチカラを見える化する自己発見テストです。 Web上に用意された75の質問に答えることによって、自分が現在、どのような特性があるのかを確認することができます。 15分ほどで終わるので、今後の学習のヒントにするためにも、ぜひPazzにトライしてみてください!
https://iec.co.jp/pazz/
pazz

 

講座カリキュラム

1か月目

デジタル思考編

●「2つの思考」が必要とされる理由

●「デジタル思考」を学ぼう

● 「デジタル思考」を使ってみよう

(垂直思考 ・フレームワーク思考 ・ 批判的思考 ・ 分析的思考)

2か月目

アナログ思考編

 

●「アナログ思考」を学ぼう

●「アナログ思考」を使ってみよう

●「2つの思考」の落とし穴

(水平思考・デザイン思考・仮説思考・システム思考)

3か月目

ワークブック

●多様な思考のフレームワークの使いかた

(練習問題で〇〇思考の使いかたをマスターする)

教材構成 テキスト2冊、ワークブック1冊、提出課題3回