図解・グラフ・イラストを上手に使う

1分で伝わる資料のつくり方

  • 受講期間:3か月
  • 受講料:19,980円 (個人受講料:24,300円)

わかる、
伝わる、
仕事がはかどる、
最強の資料がつくれるようになる!

学習のねらいと講座の特徴

● わからない、伝わらない、見た目が良くない資料は、すべての仕事を止める「悪」。
仕事を次の段階へと進める際、往々にしてなんらかの「資料」が必要になります。企画書、提案書、報告書、議事録、案内状などなど……。この資料の内容がわかりにくい、言いたいことが伝わらない、見た目がイケてないとなると、上司のOKがもらえず、仕事の進行に支障をきたすことになります。スピード、さらには効率性を追求するビジネスシーンにおいて、そうした事態は避けたいところ。その原因となりうる「悪」の資料を駆逐するべく、本講座は企画されました。
● 図解やグラフ、イラスト、写真といったヴィジュアル要素を使いこなして資料の“伝わり力”を高めることで、仕事が前へ前へと進んでく!
本講座ではまず、「伝わる」ためには相手目線に立つことが必要であるということや、そもそもなぜ資料が必要なのかを整理する資料作成以前の意識について学習します。その後、資料の構成、文章やタイトル、見出し、図解といったより良く伝わるためのテクニック、さらには見た目についてのルールを学びます。最後に、ビジネスシーンでよく使われる資料のフォーマットである「A4一枚」「スライド」それぞれの資料のポイントにも触れます。学習内容を実践的におさらいするワークブックもあります。
● 受講特典:『自己発見テスト Pazz』
IECの通信教育を受講いただいた方には、『自己発見テスト Pazz』のチャレンジ権を無料でお贈りしています。
Pazz(パズ)とは、仕事に大切な24のチカラを見える化する自己発見テストです。 Web上に用意された75の質問に答えることによって、自分が現在、どのような特性があるのかを確認することができます。 15分ほどで終わるので、今後の学習のヒントにするためにも、ぜひPazzにトライしてみてください!
https://iec.co.jp/pazz/
pazz

 

講座カリキュラム

1か月目
資料の骨格編

1章 「伝える」と「伝わる」の違い

2章 何のために資料をつくるのか?

3章 資料の構成、流れを考える

4章 タイトル、見出しの打ち出し方

5章 伝わる文章のポイント

2か月目
資料の見せ方編

1章 レイアウトの基本

2章 理解を高める図解のつくり方

3章 説明なしでもわかるグラフ、表のつくり方

4章 イラスト、画像を使うコツ

5章 A41枚の企画書・提案書をつくる

6章 プレゼン用スライドをつくる

3か月目
Workbook

1、2か月目の学習を踏まえ、実際の資料づくりにつながる演習問題に取り組みます。

教材構成 テキスト2冊/ワークブック1冊/提出課題3回

 

受講のお申込み