教育業界の常識にQuestionを投げかけるメディア

創考喜楽

続・「なんとかなる!」精神で幸せに生きよう

KNOW-HOW

第5回では、幸福感が高い人の特徴である「幸せの四つの因子」、

1.「ありがとう!」因子(つながりと感謝の因子)
2.「なんとかなる!」因子(前向きと楽観の因子)
3.「あなたらしく!」因子(独立とマイペースの因子)
4.「やってみよう!」因子(自己実現と成長の因子)

を紹介しました。

 

そして、前回からは「前向きと楽観」の「なんとかなる!」因子を紹介しています。今回も、この因子を高めるためには何をすればよいかについて、理解を深めていきましょう。

 

 

 

 

「なんとかなる!」因子(前向きと楽観の因子)を高め、幸福感を向上させるために必要なこと~その2~

 

「メタ認知力」を持つこと

 

どんなに前向きな気質を持っている人でも、大きな失敗をして悲観的になってしまったり、精神的疲労が蓄積して、発想がネガティブに傾いてしまうということはあります。特に日本人は、外国人と比べて、幸福物質とも呼ばれるセロトニンの分泌が少なく、もともと幸せになりにくい国民だと言われています。
もし、そうであるならば、セロトニンがあふれ出すような、楽観的な自分をつくればいいのです。その方法の一つとして勧めているのが「メタ認知」です。

 

メタ認知とは、「超認知」という、自分をもう一つ上の階層から見て、コントロールすることです。具体的に言うと「笑っている」、「怒っている」、「悲しんでいる」自分自身をまるで演劇を見ているかのように客観的に見ることです。
たとえば、すぐにカッとなって怒りやすい人がいて、怒ってしまった後に、「怒るまいと思っていたのに、またやっちゃった」と言います。こういう人は冷静なときにはメタ認知ができているのに、頭に血が上るとメタ認知が働かず、冷静に自分を見られなくなってしまっているわけです。言い換えると、理性的な人や人の目を気にする人は、メタ認知ができていると言えます。

 

メタ認知が備わっていないと、豊富な知識があり、推論ができていても、客観的なチェック機能が欠けているので、発想がワンパターンに偏りがちで、まったく違った新しいアイデアが生まれにくくなってしまうのです。
自分はどういう人生を歩んでいくのか、といった大きな選択をするときにも、「自分は何ができて、何が好きか」といった自分の状況を客観的にとらえて把握することができると、自分にとって有益なものがわかるようになります。
いまの自分があまり好きではないという人も、自分の何が嫌なのか、自分のどの振る舞いを直したいのか、メタ認知で客観的かつ冷静に把握することができれば、改善点が明らかになり、なりたい自分に変えていくことができます。

 

 

 

  • 実践するために

 

では、以下のエクササイズで、メタ認知を養っていきましょう。

 

 

  1. 最近、思いきり笑ったこと、悲しんだこと、怒ったことを挙げてください。

 

  1. 1の場面にいるあなたを、あなた自身が他人の立場で客観的に見つめてみたとして、どう感じて、どんな言葉をかけてみるか想像してください。

 

  1. 人からどんなふうに見られたいのか、理想の自分を想像してみてください。

 

 

 

このように、別の次元から自分の思考を見直すことが、「メタ認知」の上で大切なことです。

そのようにすることは、あるがままの自分を受け入れて、その上でどのような自分になりたいのか、素直に心の内をさらけ出すことでもあるのです。

また、もしいまが理想の自分でなかったとしても、それは発想を切り替えると、まだポテンシャルがあるということです。理想が見えてきたら、あとはそれを目指せばいいのです。

つねに客観的な視点で自分を見つめ、先々のことを考えていきましょう。

 

 

もっと身近な実践で、ポジティブになる方法

 

もっと簡単に「前向きと楽観」を身につける方法があります。

まずは笑顔です。毎日、口角をぐっと上げた笑顔の表情を習慣づけてみてください。これはいろいろな研究からの報告ですが、楽しくなくても笑顔をつくると、自然と前向きな気持ちになれると言われています。

 

次に、アイデアに詰まったら、上を向いて考えてみることです。発想法の分類で言うと、上を向いて考えるのは、これまでの常識を越えて、広く新しい答えを導こうとするイノベーティブなやり方、「枠外思考」です。下を向いて考えるのは、自分が知っている枠内から答えを導こうとしている、もしくは、論理的に答えを導き出そうとする「枠内思考」です。枠外思考はポジティブ、枠内思考はネガティブに関係しています。確かに、上を向いて、あれこれと想像しながら考えを巡らせていくほうが広がりがあり、楽しそうです。

 

さらに、もう一つ、部屋の灯りが暗いと、うつ状態になりやすいと言われています。沈んだ気持ちになりそうなときは、部屋を明るくしたり、屋外に出て思い切り陽の光を浴びたりするのも、気持ちを前向きにする方法の一つです。

身近にできることから実践し、ポジティブな精神を手に入れましょう。

 

 

まとめ

 

「なんとかなる!」因子(前向きと楽観の因子)を向上させるには、

 

  1. メタ認知力
  2. 笑顔/枠外志向/光を浴びるといった身近な実践

 

が大切です。

次回は、「あなたらしく!」因子を高めるための方法を紹介します。

 

連載一覧

Copyright (C) IEC. All Rights Reserved.