自動車販売会社では、損害保険業務の代行や、車検業務、自治体への申請代行など、個人情報を扱う業務が多岐にわたっており、2005年4月の個人情報保護法施行を控え、全社員への教育が急務でした。また、販売会社として「プライバシーマーク」の取得も目指しているため、その基礎講座としての意味合いもありました。
本社の管理部門の社員(パート社員含む)だけでなく、関連の自動車販売会社の全社員に教育をしています。Eラーニングも検討されましたが、社内インフラの状況と、学習進捗の把握のしやすさで、IECの『個人・部門レベルでできる個人情報保護100』通信教育コースが採用され、現在みなさん学習中です。
もともとは社内イントラネットを利用し、Eラーニングで学習を進めていましたが、各拠点のコンプライアンスリーダー(社内インストラクター)を軸としたさらなる教育を推進させる必要があり、全社員に当講座の「テキストコース(自己診断付き)」を配布し熟読させ、コンプライアンスリーダーには「通信教育コース」を学習していただいております。
各拠点においてコンプライアンスリーダーが率先して社内インストラクターとなり、各人の知識レベルの向上のために、『個人・部門レベルでできる個人情報保護100』テキストを使用して、社内学習会および確認テストを実施しています。

| テキスト | コンテンツ | 他社は? | お問い合わせ&お申込み|
株式会社アイ・イーシー 東京都千代田区飯田橋4-4-15
All Rights Reserved by IEC 本サイトのコンテンツの無断転載を禁止します